家の模型

収益物件を見極める目を養う|何でもお見通し

不動産の収益化のポイント

住宅

不動産の需要

日本における不動産の需要は一極集中の影響で都市圏は持ち直しの傾向にありますが、地方では下落傾向が続いています。一方で需要が高いといっても地価の上昇幅はそれほど高いわけではなく不動産を用いて収益を得る場合には土地を売却して得るキャピタルゲインよりも、収益物件化して賃料を手に入れるインカムゲインの方が現実的といえます。インカムゲインとしては賃貸物件として貸し付ける方法が一般的ですが、賃貸物件といってもいくつかの種類があり、それぞれの地域に適したものを選ぶ必要があります。また収益物件化に成功することで物件としての価値が高まり売却するさいに付加価値を付けることができるので、キャピタルゲインを得るにも有利な方法といえます。

収益化のポイント

収益物件の種類としては、スタンダードなのが集合住宅の賃貸経営です。都会にあり、かつ利便性の高い地域であれば賃料を高く設定することができるマンションなどが適してしますし、やや離れた場所では建設費が安いアパートなどが適しています。いずれにしても需要があれば入居者を探すのは比較的容易です。一方で駐車場なども収益物件としては適していますが住宅地であれば月極駐車場が有利ですが、駅前やビジネス街などではコインパーキングの方が高い収益を得られるケースもあります。いずれにしてもこれらの収益物件では、利用者がいることが前提になりますが、近年は太陽光発電システムも収益物件として注目されています。日当たりが良く日照時間の長い地域であれば遊休地に太陽光発電を設置して電気を作り電力会社に売却することで安定した収益を得ることができます。収益物件を見極める目を養うようにしましょう。

将来への資産

マンション

資産を増やすためにマンション投資という手段をとるだけではなく、節税対策、相続税、年金対策に備えて購入する人が多くなっています。また、投資をする上で大切なことはたくさんあるので知っておきましょう。さらに、投資を成功させるためには修繕工事も必要になります。

More...

マイナス金利時代の投資

集合住宅

マイナス金利により、銀行では不動産向けの融資を増やす方向性があります。そのため、個人や企業ではマンション投資をしやすい環境が生まれています。しかし、今後はデフレ化が進む可能性があるため、投資マンションでは最高のロケーションのものを選ぶことが条件となります。

More...