風営許可申請は必ず提出!代行業者を活用しよう

風営許可申請の代行業者【業者選びは実績をチェック】

風営許可申請は必ず提出!代行業者を活用しよう

ジャッジガベル

お店の営業は許可が必要

お店を開き、商業を行なう場合必ず国の許可を得る必要があります。出店や屋台などもしっかりと許可を得て行なっているので勝手にお店を出してしまうと法律違反になってしまいますよ。

弁護士

様々な許可申請

お店によって許可を得る場所が異なりますし、申請方法も変わってきます。飲食店の場合は保健所に飲食店営業の許可を得る必要があり、何を製造するのかも同時に申請しなければならないのです。

相談

風俗店の場合

風俗店の場合には風営法と呼ばれる法律に違反しない為にも、風営許可申請代行業者を利用しましょう。実績の多い業者であれば代行を依頼しても安心することが出来るでしょう。また代行業者には行政書士もいるので信頼出来ますよ。

風俗営業許可の種類

  • 1号営業(社交飲食店)
  • 2号営業(低照度飲食店)
  • 3号営業(区画席飲食店)
  • 4号営業(旧7号営業)
  • 5号営業(旧8号営業)

広告募集中