企業に欠かせない士業って何?【社労士と税理士の重要性】

税理士と社労士の役目!税と労務をしっかりサポート

企業に欠かせない士業って何?【社労士と税理士の重要性】

計算

会社に役立つ士業

社労士や税理士などは会社の運営に携わる大事な仕事となっています。税に関する書類作成や申告などは行なう税理士と、社会保険や労働条件などの部分を円滑に進めていくための社労士の力を借りて会社の流れを良くしていきましょう。

女性

評判の良い事務所に相談

社労士や税理士などの事務所は大阪や横浜にも存在しますが、江戸川の事務所は評判が高いとされています。会社で社労士や税理士を雇おうと考えているのであれば、評判の良い事務所を利用するようにしましょう。

社労士を雇うメリットランキング

no.1

経営に専念できる

社労士を雇うことで、社員の悩みや問題解決を行ない対策を立ててくれます。そのため経営者は本腰を入れて経営に専念することが出来るようになるのです。メリットランキングではこうした内容で一番に選ばれていますよ。

no.2

助成金活用の方法が増える

社労士は助成金の活用方法もしっかりと考えてくれます、どのような助成金を援助してもらうことが出来るのか、またそれをどこに活かせるのかという部分を考えてくれるのでランキングでは2位とされています。

no.3

人事や労務でのトラブルを減らす

人事や労務は従業員とのいざこざが多いとされています。しかし社労士を雇う事できちんとした環境を整えてくれるので、トラブルも減り円滑に業務をこなすことが出来るようになるでしょう。これも社労士を雇うメリットとなっていますよ。

no.4

社会保険の整理が行なえる

会社によっては従業員によって、社会保険が入っていない場合もあるでしょう。社員全員の保険の見直しや整理も社労士は行なってくれるので、社員に安心して働いてもらうことが出来るのです。こうしたメリットがランキング4位に選ばれた理由となっています。

no.5

リソースマネジメントが可能になる

人材確保や雇用の効率化などのヒューマンリソースの管理も社労士はサポートしています。社労士によってサポートの範囲が異なるため、場合によってはリソース管理は行なわないこともあり得るという部分がランキング5位になっている原因とされています。

広告募集中