家と車のイラスト

収益物件を見極める目を養う|何でもお見通し

マイナス金利時代の投資

集合住宅

マイナス金利の適用

現在はマイナス金利の適用によって、銀行では不動産向けの融資を増やす必要性が出ています。そうした環境から、個人でもマンション投資のための借り入れがしやすくなっています。したがって、今後は都心などの高級マンションは、投資用として購入されるケースが多くなっていくことが予想されます。その結果として、高級マンションの価格は上昇傾向になる可能性が出ています。マイナス金利政策は市場への資金量を潤沢にして、景気のテコ入れを図るために実行をしています。そのため、今後は不動産運営会社でも資金調達が容易となっていくことで、新たなマンション投資が加速していくことが予想されます。不動産運営会社では新たな収益物件を建設することで、将来の企業業績の拡大を図る動る可能性があります。

ロケーションを重視

これまでは相続税対策として、タワーマンションのマンション投資を行う人が増えていました。しかし、政府では相続税対策としてのマンション投資には規制を掛ける動きが出ています。したがって、タワーマンションへの投資は、従来よりは慎重に行うことが重要となっています。しかし、タワーマンションでも一等地にある場所は、今後も有望であることに変わりがないと思います。現在の日本経済では、再びデフレ化が強まりつつあります。そのため、今後は価値が上がり続ける不動産は一部に限定される可能性が出ています。したがって、マンション投資においては、最高のロケーションの物件を選ぶことが条件となってきます。最高のロケーションの不動産であれば、今後も入居重要は高く維持される可能性が高いです。