家と車のイラスト

収益物件を見極める目を養う|何でもお見通し

将来への資産

マンション

家賃収入を狙う

マンション投資は購入したマンションを収益物件として貸し出します。そして、長期的な家賃収入を得て資産形成を行なうのが目的です。マンション経営や大家になるというと難しそうなイメージを感じるかもしれませんが、株やFXと比較しても物件投資はわずかな資金からスタートできること、安全に賢く資産を維持管理することができます。マンション投資だけでなく店舗ビル、駐車場 ワンルームと不動産投資にはいくつかの種類があり男性だけでなく一般の主婦なども高い関心を示しています。マンション投資経営の仕組みは至ってシンプルです。マンション投資は年間5〜6%の表面利回りが理想的ともいわれており、入居者を長期的に確保できなければ、安定した家賃収入は見込めません。

経営リスクと経費

まずは自分の気に入った物件を購入することから始まります。最初は頭金だけでもローンを組めるので資金がなくても良いのです。個人で物件を購入した時は、駐車場や自販機、携帯基地局などの設置が必要ですが、マンション投資の場合は、不動産会社がサポートしてくれます。修繕工事の費用には主に修繕積立金工事費が充てられます。最近では災害時用の食料や生活用品などの保管のためマンションで防災倉庫を設置するところも増えてきました。こうした建物の利便性や設備などが住民の満足度にも繋がります。短期で大幅な収益を期待できる投資は他にもありますが、何十年も長期にわたって毎月安定した収入を確保できる不動産投資は魅力的です。現在のマンション投資は転売して利益を得るのではなく、購入して工事やイノベーション後、賃貸にまわして家賃収入を得ることが目的です。節税や相続税対策や年金にもなり、ライフスタイルによって自由に対応可能なのも魅力的です。またマンション投資を成功するには、不動産会社にまかせっきりにするのではなく、物件の寿命や耐震などその分野に長けている業者さんに工事を依頼しましょう。