家と車のイラスト

収益物件を見極める目を養う|何でもお見通し

家賃が確実に得られる方法

スーツの男性

保証会社の仕組み

家賃保証とは契約した家賃保証会社を通して安定した不動産収入を得ることのできるシステムです。不動産物件から収入を得るには利用者がいることが大前提です。例えばアパートやマンションなら、入居者の方がいなければ家賃収入を得ることはできません。大抵のオーナーは銀行等からお金を借りて事業をしていると思います。もし、家賃保証会社を利用せずに、すべて自分で管理する場合、賃料は全てオーナーに入ります。しかし、利用者がいない月は収入ははいりません。このリスクを減らすのが家賃保証です。家賃保証契約を結んだ会社が一括で賃料を徴収し手数料を取る代わりに、利用者がいない場合でも契約した金額を保証してくれます。貸し出せる物件は持っているがどうすればお金が入るかわからない、借金を返していけるか不安というオーナーの方には家賃保証がお勧めです。

会社選びと活用の仕方

家賃保証の内容は会社によってさまざまです。1年ごとに契約更新を行うところもあれば10年間賃料補償などのオプションがある会社もあります。オーナーに入る賃料の割合も異なります。不動産収入は毎月数十〜数百万になります。数%の差でも金額にすれば大きなものになります。会社を選ぶ際は比較した上で慎重に行いましょう。もし、借金をしている場合には銀行に相談するのもいい方法です。家賃保証をしていることによって定期的な収入が約束されるので、審査が通りやすくなります。銀行の方もわかっているので積極的に相談に乗ってくれることが多いです。大手家賃保証会社と契約できればオーナーの信用も高まります。